データ保存|パソコンが起動しない理由|プロに依頼が手っ取り早い
男の人

パソコンが起動しない理由|プロに依頼が手っ取り早い

  1. ホーム
  2. データ保存

データ保存

ファイル

データ保存

ファイルサーバをクラウド化することが多くなってきています。大企業だけではなく、中小の企業にとっても選択肢の1つとなってきています。中小の企業には、システム管理者がいないケースが多く、もし管理者がいても全ての事象に対応できないことが多いためです。管理者が社内のパソコン、配線、ファイルサーバに精通していないと、仮にどこかで不具合があった場合に対処ができないことになります。クラウド化するという方法は、こうした管理が薄い個所をサポートするメリットを持っています。社内のパソコンであれば、最終的には取り換えができますし、配線も同様に新しく引き直すことで、復旧ができます。ファイルサーバはこのような取り換えができないということがあります。

データ保存のこれから

ファイルサーバのクラウド化によって、管理者が対応しきれない可能性のある部分を専門業者に依頼することが可能となります。現在では、光配線が一般的で高速通信が可能、コストも以前よりは下がってきています。クラウド事業者はセキュリティ対策にも注力しています。また、地震など災害が起きた場合の復旧対策としてもクラウドは有効です。通常クラウド事業者はメインのデータセンターの他にサブのデータ保管場所が別の場所にあります。そうすることで、メインの場所が被災した場合でも、サブのバックアップデータをそのまま使うということが可能です。これが、個々の事業所のファイルサーバでは、バックアップを社外に保管することは少なく、クラウドの利点となります。